産後ダイエットにおすすめの青汁特集

産後ダイエットといえば「酵素」が主流になりつつありますが、実は青汁も再び注目を集めているのはご存知でしたか?

青汁といえば栄養価が高いのは知りつつも「苦い、まずい、青臭い」ものと決めつけて敬遠をしていませんか?でも、それは過去の話。

今では、美容にうるさいモデルや芸能人の間で、青汁を愛飲することがステータスになっているほど、青汁ブームが起きているんです。

そこで今回は、産後ダイエットに最適と言われる青汁が持つダイエット効果や美容効果について改めておさらいしていきたいと思います。

さらに、産後ダイエットを検討中のママにおすすめの青汁を、いくつか厳選してご紹介していきたいと思います。ぜひ最後までお付き合いください。

今は苦味のない美味しい青汁が数多く販売されている

青汁といえばおじいちゃん・おばあちゃんが健康維持のために飲むイメージだと思っている人が多いかと思います。

青汁には緑の野菜がたくさん入っていて栄養満点なのは、なんとなく想像できます。まずくて美味しくないものであっても、我慢して飲べば健康になれそうな気がしてきますよね。

でも、今はそんな我慢を強いてまで青汁を飲んでいる人はほとんどいません。

昔と比べて製造技術が格段にUPしている

青汁といえば、某メーカーのキャッチフレーズでもある「まずい!もう1杯!」のCMが強く印象に残っている人も多いと思います。でも、それは苦味の強い野菜だけをそのまま使う青汁だったからに他なりません。

しかし、現在販売されている青汁には製造技術の発達に伴って、野菜がもつ苦味成分を極力抑える製法を取り入れているものがほとんど。

多少の青臭さは感じるかもしれませんが「苦くて飲めたものじゃない」となることはほぼ皆無と言っていいでしょう。

飲みやすさを追求した結果、味も美味しくなった

いくら栄養が豊富で体に良いものでも、飲んでくれる人がいなければ商品として成り立ちません。青汁メーカーは、こぞって青汁がもつ独特の味の改良に乗り出しました。

甘みのある野菜や果物を使ったり、蜂蜜や黒糖といった体にも優しい成分を配合することで、甘みのある美味しい青汁を作り出すことに成功したというわけです。

青汁がふたたびダイエット食として注目されている理由とは?

昔に比べ、青汁の味が美味しく改良されたことがわかった今「試しに飲んでみてもいいかな?」と、やんわり感じ始めている人もいるのではないでしょうか?

続いて、青汁が持つダイエット効果についてお話ししていきたいと思います。なぜ今「青汁」なのでしょうか?

コップ1杯飲むだけで不足しやすい栄養素をカバーできる

青汁といえばケールや大麦若葉・明日葉など、スーパーでは普段買うことのできない野菜が使用されています。

これらの野菜は非常に栄養価が高く、なかでもケールはビタミン・ミネラルはもちろんのこと、酵素・フラボノイド・葉緑素をたっぷり含んでいるため「緑黄色野菜の王様」と称されることもあります。

青汁を1杯飲むだけで、これらの栄養素を補えるというのなら、何かと忙しい授乳期のママなら積極的に飲みたいドリンクと言えますね。

食物繊維が腸内環境を整えてお通じ改善してくれる

ダイエットと便秘って切っても切れない間柄。便秘を解消しないことには満足できる減量は期待できません。

けれど、妊娠・出産を機に便秘しやすい体質になってしまった人も多いのでは?青汁にはこの便秘を解消してくれる働きもあります。

青汁に含まれる食物繊維が、腸内にある老廃物を取り去って外へと排出してくれるんです。食物繊維には腸の活動を活性化する働きもあるため、便秘解消にはもってこいの成分なんですよ。

さらに、糖質の吸収を穏やかにする作用もあるため、産後太り解消にも効果大。

美肌効果・アンチエイジング効果などキレイを後押し

腸内環境が整うと美肌効果も現れてきます。育児が忙しいと寝不足だったりスキンケアに時間をかけれなかったりしますよね。

でも、青汁を飲むことで肌荒れのしにくい健康的な肌を手に入れることができます。そればかりか、青汁には若返り成分と言われるメラトニン・SOD酵素が配合されてます。

抗酸化作用の高いこの2つの成分は、シミ・しわ・くすみの原因となる活性酸素を無害化する働きがあります。


以上のように、不足しやすい栄養素をカバーしてくれるだけでなく、便秘改善やアンチエイジング効果の高い青汁は、痩せてキレイになりたい人には最適のダイエット食というわけです。

とくに、授乳期のママは気を付けていても栄養素が不足しやすい状態ですから、産後ダイエットのお供としてだけでなく、栄養補助食品としても多いに役立ちますよ。

産後ダイエットにとくにおすすめしたい青汁 2選

青汁のダイエット効果&美容効果を理解していただいたところで、最後に産後ダイエットにぴったりな青汁商品を紹介したいと思います。

青汁商品で実に数百種類も販売されていて、なかには、農薬たっぷりな外国産の商品を使うものもあるといいます。そんな青汁なら、飲んでも身体に良いとは思えませんよね?

今回おすすめするのは、

  • 健康道場 粉末青汁
  • 神仙桑抹茶ゴールド

の2商品。どちらも高い栄養価・安全性・美味しい味を兼ね備えた青汁となっています。次でそれぞれの商品について細かく説明していきますね。

素材の濃さや安全性にこだわるなら、健康道場 粉末青汁

健康道場 粉末青汁は、有名メーカー「サンスター」が販売する青汁商品。サンスターというと歯ブラシや歯磨き粉など、オーラルケア商品が有名ですが、この青汁を筆頭に数多くの健康食品の販売も手がけているメーカーなんです。

さて、そのサンスターが販売する健康道場 粉末青汁の特徴について、わかりやすく3つにまとめてみましたので、まずはご覧ください。

  • 栄養価の高い国産野菜5種を厳選!添加物が不使用で授乳期でも安心して飲める
  • マイクロパウダー製法だから混ざりやすく飲みやすい&料理のアレンジにも使える
  • 他商品に比べて1杯あたりの量が約2.5倍!高コスパ&飲みごたえバッチリ

5種類の国産野菜を使用

「え?たった5種類だけ?」と心配になる人もいるかもしれませんね。でも、この5種類の野菜だけで授乳期に不足しがちな栄養素はしっかりカバーできるんです。

素材に自信があるからこそ余計な添加物は一切使っていません。逆に、なんだかわからないものが入っているよりも安全ですし、なにより商品に対する自信の表れのようにも思えませんか?

使われている5つの野菜は、明日葉・ケール・大麦若葉・モロヘイヤ・ブロッコリーとなっており、全て国産。どれも、美容効果やダイエット効果が期待できる栄養素がギッシリです。

マイクロパウダー製法なのでダマになりにくい

飲みやすい味はもちろんんのこと、混ざりやすいマイクロパウダー製法なので、お湯だけでなく水にも溶けやすくダマになりにくいのが特徴です。

溶けやすさを利用して、シチューやカレーに混ぜて食べるのもアリです。

1杯あたりの分量が多いので飲みごたえ充分

他メーカーの青汁は1袋4g相当が一般的ですが、健康道場 粉末青汁は1袋10gも入っているんです。これなら、飲みごたえもバッチリですよね。

間食の代わりとして、朝食の置き換え食として飲用しても遜色ありません。

コップ1杯飲むだけで1日分の野菜不足分を補うことができるので、授乳期のママを始め育児に忙しいママにこそ飲んでもらいたい1品です。

健康道場 粉末青汁のスペック

続いて、商品価格や内容量など、実際に購入する際に気になるスペックについても見ていきましょう。

お試し価格
通常価格 4,860円
定期便価格
送料 全国一律300円
※9,000円以上の購入で無料
内容量 30袋(1袋あたり10g)
備考 2大特典あり
・その1 送料無料
・その2 電動ハンディークリーマープレゼント
原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
栄養成分
(1袋あたり)
エネルギー30kcal、たんぱく質1.5〜3.5g、脂質0.3〜0.9g、糖質2.7g、食物繊維3.6g、ナトリウム0〜100mg、カリウム250mg、ビタミンK180μg、ショ糖0.4〜1.1g
1日あたりのコスト 1日1袋を目安として、約162円/日
返品保証 到着後1週間以内、未開封ものに限る

飲みやすいさを追求するなら、神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドは、創業70年以上続く九州の老舗お茶屋さんが作る青汁です。青汁といっても、青臭さはさほど感じず、お茶感覚でゴクゴク飲める味わいなんですよ。

神仙桑抹茶ゴールドについても、おすすめポイントを3つにまとめてみたのでご覧ください。

  • お茶職人が伝統製法で作ったお茶だから美味しい&国際銘茶品評会で金賞受賞
  • 桑の葉・緑茶・シモンの3大原材料がもつ働きで太りにくい体をサポート
  • 無農薬栽培・完全無添加なので、授乳期や妊娠期でも安心して飲みる

本当に青汁なの?銘茶と世界が認めた品の良い味わい

神仙桑抹茶ゴールドは、青汁にありがちな青臭さが全くありません。お茶職人が伝統製法で造り上げているからこそ、さわやかな飲みやすさを実現しているのです。

その証拠に、国際銘茶品評会で金賞・2008年モンドセレクションでは銀賞を受賞しています。

お年寄りをはじめ、小さなお子様でもゴクゴク飲めちゃう青汁なんて珍しいですよね。

桑の葉・緑茶・シモン配合というちょっと変わった青汁

青汁といえばケールや明日葉などが有名ですが、神仙桑抹茶ゴールドでは桑の葉に成分に着目。

桑の葉にに含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)には、糖分の吸収を遅らせて血糖値を下げる働きがあります。そのため、脂肪が溜まりにくい状態を維持しお通じを改善する効果があるのです。

また、聞きなれないシモンには高い栄養価があり、妊娠中に低下してしまった代謝をサポートする働きも。緑茶に含まれるカテキンは脂肪燃焼効率をUPさせる働きがあるので、積極的に飲みたい成分。

とはいえ、授乳中はカフェインの摂取を控えるのが常識なので、緑茶に含まれるカフェインの存在を心配される人もいるかもしれません。

が、この神仙桑抹茶ゴールドに含まれるカフェイン量は微量なため、ごく普通の食生活をしているのであれば母乳に影響するということはありません。

無農薬栽培・完全無添加なので授乳中の赤ちゃんにも安全

伝統製法で作られている神仙桑抹茶ゴールドは、その栽培に至るまでも安全面をしっかり確保しています。

無農薬栽培なのはもちろんのこと、検査が厳しいことで知られるドイツの分析研究機関に茶葉の分析を依頼して、残留農薬ゼロであることを証明しています。

余計な食品添加物は一切しようしていないので産後ダイエットに用いても、赤ちゃんが飲む母乳に悪影響を及ぼす心配もありませんよ。

神仙桑抹茶ゴールドのスペック

続いて、商品価格や内容量など、実際に購入する際に気になるスペックについても見ていきましょう。

お試し価格
通常価格 6,156円
定期便価格 5,848円
送料 300〜600円
※地域により異なる
定期コースは無料
内容量 180g(3g×60包)
備考 初回限定キャンペーンあり
実感セット(有田焼湯のみ+茶筅マドラー+読本)プレゼント
原材料
桑葉、茶、シモン(葉・茎)
栄養成分
(1包あたり)
エネルギー10.5kcal、たんぱく質0.64g、脂質0.26g、糖質0.51g、食物繊維1.14g、ナトリウム1.56mg、カリウム52.77mg、ビタミンK122.91μg
1日あたりのコスト 1日2包を目安として、約205.2円/日
返品保証 到着後1週間以内、開封済みは一部返金対象外。

これまで青汁がダイエット食の選択肢になかった人もこれを機に、ぜひ青汁を飲んで産後ダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コラム