産後ダイエットのポイントは骨盤矯正にあり

産後ダイエットの基本は骨盤矯正から!その理由と実践方法

産後太りの原因の多くは、骨盤の歪みにあることを知っていましたか?でも、骨盤矯正なんてしたことが無いという人も多いはず。そこで今回は、誰でも取り組める産後ダイエットに効果的な骨盤矯正の方法をお伝えします。
産後ダイエットのポイントは骨盤矯正にありのイメージ
20816 views

産後太りの原因は骨盤の歪み!?崩れた体型を元に戻す骨盤矯正ダイエットを完全マスター

出産後に体型が崩れることは有名ですが、出産で骨盤が開いて歪んでしまうことが大きな原因です。たるんだお肉が付いてガニ股で、おしりは四角くどっしり大きく、いわゆるオバさん体型は骨盤の歪みからくるものなんです。

子供がいてもキレイでいたい、オバさん体型は何としてでも避けたい!というのはママみんなの願いですよね。実は出産後の広がった骨盤は元に戻ろうとしていて柔らかく、矯正しやすい時期なんです。

このチャンスを逃さず整った美骨盤を作り上げれば、出産前よりもスタイルアップできる可能性もあるって知ってましたか?産後2〜6ヶ月の骨盤矯正のゴールデンタイムが、これからの美と健康の決め手になるんです。

骨盤の歪みはダイエットと健康の大敵

妊娠出産は女性にとって命がけの大仕事です。骨盤は上半身と下半身を繋ぎ、内臓・赤ちゃん含む、上半身の重さ全てを引きうける体の中心なんです。

もともと大きな負担がかかっている骨盤が、赤ちゃんを支えるために大きく広がり、産んだあとは3〜4ヶ月かけてじわじわと元の位置に戻るという、大変なことが産後の女性の体の中で起こっているんです。

重たい上半身を支えながら、骨盤が元の位置に自然に戻ろうというのは難しいのが現実です。開いたり歪んだまま骨盤が固まってしまうと、健康面・美容面たくさんのデメリットがあるんです。

  • 骨盤周辺の血流が悪くなり太りやすくなる
  • おしりが大きく・形が悪くなる
  • 肩こり・腰痛になる
  • 不妊や婦人科の不調が起こる
  • がに股になる
  • 尿モレが起きる

骨盤が歪み内臓が正しい位置に収まらないと血流が悪化し、内臓自身の働きも弱まります。そうなると基礎代謝が下がって太りやすい体になってしまうんです。

基礎代謝とは、人間の体が生命維持のために黙っていても消費されるエネルギーのことで、人間が一日に消費するエネルギーの7割を占めます。

実はそのうち、6割ものエネルギーが内臓で代謝されるため、内臓の基礎代謝低下は太りやすさ直行の状態なんです。さらに血流の悪化は、子宮では不妊・婦人科の不調を招いてしまいます。

骨盤に続いて背骨も歪み、肩こり・腰痛になったり、骨盤の下部が広がり締まらないことで尿モレが起きたり、骨盤の広がりのせいで四角くて大きなおしりになるなど、健康美容どちらにも悪いことだらけなのです。

産後の骨盤矯正をしないと、おしりが大きくスカートの両端から足が出てるオバさん体型で、いつも健康問題や尿モレに悩まされイライラしている自分、という未来が来てしまうかも知れないんです。

産後1ヶ月は後陣痛や悪露があるので、まずは体をいたわる時期です。その時期を過ぎたら骨盤が戻り始める骨盤矯正のベストタイミングの到来です。産後2〜6ヶ月の間が元気でキレイなママを目指すための集中対策期間なのです。

美容と健康は一緒にやってくるものです。体の不調を防いでキレイになる、一石二鳥を目指しましょう。

産後ガードルと骨盤ベルトは骨盤矯正の強い味方

骨盤矯正集中対策の強い味方、それが産後ガードルと骨盤ベルトです。使い方は簡単、毎日ガードルやベルトをつけて過ごすだけです。ほどよい締め付けで正しい位置に骨盤をキープし、正しい位置に戻るのを助けてくれるんですね。

専用に開発されたガードルは普通のものよりお腹をすっぽり包み込み、骨盤だけでなく、お腹のお肉も正しい位置に固定してたるみを防いでくれます。産後のスタイル回復のため研究された下着なんですね。普通のガードルではお肉がはみ出し、あまり効果が得られないので、専用のものを買うといいでしょう。

骨盤ベルトも、骨盤を正しい位置にキープして戻るのを助けてくれる効果があります。またベルトで締めることで、出産で骨盤の下部分が広がって起きる尿モレに効果的なのだとか。

骨盤ベルトと産後ガードルは、同時に使うと締め付けがきつくなりすぎる場合があるので、一部下着メーカーでは併用しないよう注意しているところもあるようです。また出産の季節によっては、ガードルがムレて体調不良の原因になることもあります。快適に効果が出るように、柔軟に状況や体調に合ったものを選びましょう。

骨盤矯正エクササイズで健康にスタイルアップする

正しい位置にキープするベルトやガードルのほかにも、骨盤を動かして矯正したり、骨盤を支える骨盤底筋を鍛えて正しい位置に自分でキープできるようにするエクササイズを行うのも効果的です。

毎日ちょっとの時間で、赤ちゃんに目が届く場所でできるエクササイズを紹介したいと思います。

腰まわしエクササイズ

  • 両足を肩幅に開いて立ち、腰に手を当てる
  • 円を描くように骨盤を回す
  • 右回り左回り、各10回を1セットで毎日5〜10セット行う

おしり歩きエクササイズ

  • 床に足を揃えて伸ばし座る
  • 背筋を伸ばし、手を前で交差させる
  • 左右交互におしりの筋肉を動かして前に進む
  • 30歩1セットで、毎日3セット行う

骨盤底筋エクササイズ

  • クッションやバスタオルを用意する
  • 背筋を伸ばし、股にクッションを挟む
  • 5秒腹式呼吸で息を吸いながら肛門付近を締める
  • 挟んだクッションなどに力を入れながら、5秒キープする
  • 5秒息を吐きながら力を抜く
  • 繰り返し、毎日3分行う

どのエクササイズも、骨盤ベルトをつけて行うとさらに効果的です。どれも骨盤の歪みに効果的で、さらに骨盤底筋を鍛えると産後の尿モレ対策にもいいのだそう。

骨盤が矯正されることで、内臓の基礎代謝が上がって血流が良くなり、痩せやすくなるだけでなく、実感しやすいものでは便秘や生理痛の改善、背骨の歪みも改善され肩こり腰痛などにもいいのだとか。さらに、おしりの形もキュッとひきしまった形になりますよ。

エクササイズするなら、骨盤が戻ろうとしている今しかない!と思うと気が引き締まって習慣になりやすいですし、スタイルアップや健康へのメリットを常に思い浮かべるとやる気が燃えてくるのではないでしょうか。モチベーションの維持が大切ですね。

産後ダイエットと今後の健康のために、産後の骨盤が戻る時期に骨盤矯正はしておきたいところです。出産から月日が経ちすぎてすぎてしまうと歪んだ骨盤を矯正するのはどんどん難しくなっていきます。

良い時期に、正しい対応で骨盤を整えて、若々しくキレイで元気なママを目指しましょう。

産後ダイエットにおすすめの酵素ドリンク

コラム