お腹・腕・足など部位ごとのおすすめ産後ダイエット方法

お腹や足、腕など体の部位別に効果的な産後ダイエット方法

これから産後ダイエットに取り組むあなたが、いま一番気になる部位はどこ?お腹?足?それとも二の腕?漠然と痩せるという目標を立てるのではなく、まずは特定の部位を決めてダイエットに取り組めば成功する確率が高まるんですよ!
お腹・腕・足など部位ごとのおすすめ産後ダイエット方法のイメージ
1458 views

あなたが痩せたいのはお腹?太もも?二の腕?部位ごとに異なる効果的な産後ダイエットまとめ

ご出産お疲れ様でした。10ヶ月に渡る妊娠で赤ちゃんのために悪阻に耐え、お腹も今まで見たことないくらいに大きくなりましたよね。出産を終え、ホッとしたのも束の間。赤ちゃんのお世話に日々追われながらも、ママだってやっぱりひとりの女性です。この体型のままじゃマズイ!痩せなくちゃ!と慌てている人も多いかと思います。

しかし、産後ダイエットといっても目的や体質によって、求めるものが違います。ただ体重を落としたいだけの人、体型が気になる人、ココの肉を落としたいって人・・・。

ここでは、産後ダイエットで重点的に落としたい部位を7つに分けて、どのような方法や運動を取り入れたら効果的に部分痩せできるか紹介していきたいと思います。ぜひ今後のダイエットの参考にしてみてくださいね。

お腹の脂肪を落とすのに効果的な産後ダイエット法

産後ダイエットでどこを痩せたいかというと一番にあがってくるのが「おなか」。妊娠中の体重増加は10kgが目安と言われていますが、赤ちゃん3kg程度、羊水1kg程度なので、残り6kgはまるまる脂肪という計算になります。

なかでもおなか周りは、赤ちゃんを守るために特に脂肪がつきやすい部分。赤ちゃんが産まれたあとも、しばらくは大きいままのおなかにビックリした人もいるのではないでしょうか。子宮もすぐには戻らず6週間ほどの時間をかけて、妊娠前の大きさへと戻っていきます。同じように開ききった骨盤も、6ヶ月という時間をかけて元に戻っていきます。

基本中の基本、骨盤矯正

この期間に正しい位置に骨盤を戻すことができれば、ダルダルのおなかも改善されます。骨盤矯正を行わないでいると、骨盤周辺の血流が滞るため太りやすく、よく言われる「妊娠前のジーンズが入らない」に繋がります。骨盤矯正を行うことで内臓も正常に働き、血行がよくなるので基礎代謝もあがり、痩せやすい体質へ変化していきますよ♪( ´▽`)

骨盤矯正を行うには骨盤ベルトや、ガードルを装着することが一番ラクな方法です。整骨院でプロにおまかせするのも手ですが、忙しいママには自宅で簡単にできる骨盤体操やスクワットがオススメ。赤ちゃんがグズっていても、抱っこしたまま行うことができます。

軽い腹筋運動でより効果的にお腹の脂肪を減らす

より効果的におなかまわりをすっきりさせたいのなら、鍛えるのはズバリ腹筋。赤ちゃんをおなかの上に乗せたまま腹筋をするのもいいですし、腹式呼吸をするなどして腹筋を鍛えてあげると、おなか周りの脂肪はかなり燃焼されます。妊娠中に下がってしまった基礎代謝も、腹筋運動を行うことであげることができます。基礎代謝があがるということは、それだけ脂肪も燃焼されやすくなるため、痩せやすい体質になりますよ。

ご飯の食べ方もおなか痩せに効果あり

ただし、いくら運動したからといって、必要以上のカロリーを摂取していてはいけません。授乳中なら赤ちゃんに栄養を届けるために、いつも以上のカロリーを消費しますが、なるべく低カロリーで栄養価の高いものを、よく噛んでゆっくり食べてあげることで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎずに済みますよ。

それでも食欲を抑えられない場合には、ガムを噛んだり、腹持ちの良い酵素ドリンクをおやつ代わりに飲むのもいいかもしれません。空腹を我慢しすぎると、かえって暴飲暴食につながりますしストレスも溜まってしまいます。

最後になりましたが、ブヨブヨになってしまったおなかは出産の勲章ともいえます。しかし、ここで諦めずにしっかり産後ダイエットを行うことは、妊娠前のおなかに戻れるばかりか、妊娠前よりスタイルアップする可能性を秘めています。すべては自分の頑張り次第ですよ(^O^☆♪

太ももを細くするおすすめの産後ダイエット法

産後に気になる部位のひとつが太もも。旦那さんに指摘され、驚愕した人もいるのではないでしょうか。しかし、ここで諦めてオバサン体型の道を行くか、産後ダイエットを行って美脚ママになるかは、アナタ次第です。太ももだって、しっかり部分痩せできるんですよ( ̄^ ̄)ゞ

太ももにも骨盤が関係していた

太ももの太さを解決するのにも、骨盤が関係しています。骨盤は出産時に開くため、骨盤矯正で正しい位置に戻してあげないと、リンパや血液の流れが悪くなり脂肪がつきやすくなります。

当然、骨盤を下から支えている太ももにも影響がでます。骨盤が歪むと、おなかやおしりだけに留まらず、太ももまで脂肪がついてしまうのはそのため。ですから矯正をしやすい産後の今、骨盤を矯正してあげることで、太ももの太さも同時に解消することができるのです。

太もも痩せには内転筋を鍛える

また、太ももを部分的に痩せさせたいのなら、鍛えるべきは内転筋。うちももの辺りにある筋肉のことをいい、ココがたるんでいると太ももが太くなります。しかし、意識して鍛えることで細くなるばかりか、O脚やむくみも改善され、便秘解消にもつながります。

座るときは脚を組んだり開いたりせず、膝をぴったりつけた姿勢を心がけましょう。意外にこれがキツイのです(T ^ T)膝に本などを挟んで、落ちないように意識してあげれば、効果的に内転筋を鍛えられますよ。

内転筋ストレッチもオススメ。横向きに寝て、上の脚は膝をたて、下の脚伸ばしたまま上にあげ。辛いところで10秒間キープ。両足で3セットを毎日行いましょう。テレビを見ながらでも、添い乳の最中でも行うことができます。お風呂上がりに行うと、さらに効果的と言われています。

部分痩せが難しいと誤解されがちな太ももですが、内転筋を意識して鍛えてあげれば、おばさん体型を回避することも可能です。筋肉痛になりやすいですが、それだけ効いているということ。がんばって美脚を手に入れましょう。

顔痩せや二重あごの解消に効果的な産後ダイエット法

産後ダイエットをしても、顔、とくに二重あごが治らないって悩みをよく耳にします。顔って、初対面でその人の印象を左右する大事なパーツですよね。フェイスラインが綺麗じゃなかったり、二重あごだったら、いくら痩せていてもなんとなくボテっとした印象を与えかねません(T . T)

二重あごの解消は噛むことを意識して食べる

現代人は咀嚼する回数が少ないと言われています。咀嚼する回数が少ないということは、あごの筋力も低下してしまい、二重あごだけでなく顔全体もたるんでしまうため、老けて見られる原因となります。産後疲れや寝不足なら、なおさら。

二重あごを解消するには、しっかり咀嚼することが大切です。1口につき30回噛むことを心がけましょう。もし数えるのが面倒というなら、歯ごたえのあるものを食事に取り入れて、噛む状況を作ってあげましょう。ガムやスルメなどを間食にするのもアリですね。よく噛むことはあごの筋力アップだけでなく、満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎを防ぐことになります。

また顔は塩分を摂りすぎているとむくみやすい部位です。塩分控えめの食事にするだけでなく、体内の塩分を排出する働きのあるカリウムを意識的に取り入れることで、むくみを解消し小顔に近づけますよ。カリウムは納豆・ほうれん草・アボカドに多く含まれていますよ。

顔痩せには表情筋を鍛える

顔には30種類もの筋肉があると言われています。ひっくるめて表情筋と呼ばれ、普段から意識してあげないとなかなか鍛えることができません。ペットボトルがあれば誰でも簡単に行える、表情筋エクササイズがあります。空のペットボトルを歯は使わずに唇だけでくわえ、ペットボトルが凹むまで吸い10秒間キープ。その後はゆっくり吐いて戻すを3セット行えば、表情筋に効果大です

またイ・ウ・エ・オ・アをそれぞれ顔の筋肉を意識しながらできる限り大きな口で発声していくイウエオア体操(2〜3セット)というものもあります。この体操なら二重あごだけでなく、産後に目立つようになった法令線(陣痛でひどい形相をしてたから?)にも効果抜群ですよ。

これ以外にも美顔ローラーやカッサなどで、顔をマッサージしてあげるのも効果的。表情筋は普段の生活ではなかなか鍛えにくい筋肉であることは確かです。しかし、赤ちゃんと触れ合うことで笑顔や笑う回数が増えて、自然とリフトアップに繋がることも事実。あまり神経質にならないほうが成功への近道かもしれませんね。

腰やウエストを引き締める産後ダイエット法

産後に限らず、指でつまめるくらいに贅肉がつきやすいのが、この腰。しかも産後は腰痛持ちになる人も多く、非常に厄介な部位といえます。しかし、産後ダイエットを機にこの腰を改善してあげないと、くびれのないオバサン体型まっしぐらですщ(゚Д゚щ)

お腹痩せと同じく骨盤矯正は必須

産後ダイエットの要ともいえる骨盤。どの部位を痩せさせるにも、まずは骨盤矯正を行うことが先決です。もし、腰痛に悩んでいるようなら骨盤ベルトを着用することで、その痛みを緩和させることもできます。

赤ちゃんを抱く時、お腹をつきだして赤ちゃんを乗せてはいませんか?その抱っこの仕方ってラクなのですけど、実は腰の筋肉が全く使われなくなっちゃうんですよ。抱き方によって腰が太るなんて信じられませんよね。しかし、抱っこひもを活用するなどして、腰筋を使う抱き方を心がけるだけでも違います。

腰まわし運動もウエストの引き締め効果はバツグン

肩幅に脚を開いて骨盤に手をおき、左右にグルグルとまわす腰まわし運動も効果的。上半身は動かさず、腹式呼吸でゆっくりと行うことが大切です。1回30秒、左右で5分間を1日2〜3セット行ってみてください。浮き輪の内側をなぞるようなイメージで行うと上手にできますよ。

腰まわし運動は、骨盤を正しい位置に戻すだけでなく、インナーマッスルも鍛えられます。酵素には代謝をあげる働きがあるので、酵素ドリンクや酵素サプリを摂取したうえで行うとさらなる効果が期待できます。酵素は母乳の出も良くしてくれますよ。

腰の贅肉は落とせないことはありません。本人の努力次第です。腰まわし運動も難しいものではないので、毎日コツコツ継続していけばくびれも夢ではありませんよ!

おしりを小さく引き締める産後ダイエット法

妊娠前のパンツがきつい、タイトスカートの後ろ姿もパッツンパッツン。産後実感する事が多いおしりのお肉、とにかくショックですよね(T . T)お気に入りの洋服たちを諦めないために、スッキリしたおしりになる方法を徹底解明しましょう。

今だからできる、骨盤矯正

おしりは普段あまり使わない部位なので痩せにくいのが特徴です。でも、妊娠中広がった骨盤が戻る産後の時期は痩せやすい体質になる骨盤矯正のチャンス。それだけに、骨盤が戻っていく時期に横座りや足を組む、猫背など体を歪める姿勢をとってしまうと正常な位置に戻らず骨盤がずれてしまいます。

骨盤がずれてしまうと、血液の流れが滞って代謝が下がり、おしり周りにお肉がついてしまいます。そうならないために姿勢よく過ごしたり、骨盤矯正ベルトを装着するなどして痩せやすい体質を目指しましょう。

カンタンにできる運動のおしり歩きが効果的

さらに運動で太りにくい体質を作って、おしりの脂肪を燃焼させましょう。おしり歩きのやり方はカンタン、膝を立てて床に座り足の裏を床につけ、おしりを床につけた状態で腰を動かしながら前に進みます。1日3分を2〜3セット、10分前後を毎日行うのが効果的です。

骨盤や脇腹など、深い部分の筋肉が鍛えられる事で代謝が良くなり太りにくく、おしりの脂肪も燃焼しやすくなりますよ。

運動の中でも道具が必要なく、簡単に始められるのでオススメです。まずは始めてみて習慣にしてしまえばこっちのもの。忙しいママでも少しの時間で効果が期待できます。さらに効果を実感したい時は、足を伸ばした状態で床に座り、おしり歩きをすればより筋肉が鍛えられますよ。

産後の「今」だからできる骨盤矯正とさらにエクササイズで、妊娠前より引き締まったキレイなおしりを目指しましょう(o゚▽゚)o

細くきれいな腕を取り戻す二の腕に効果的な産後ダイエット法

結婚式のウェディングドレスの写真を見て、今の「二の腕」の太さが悲しくなったなんて人もいるのではないでしょうか。「ママ昔は細かったんだね」と赤ちゃんに将来言われないように、まずは原因別に二の腕の部分痩せを徹底分析しましょう。

どうして二の腕が太くなっちゃうの?

いろんな原因で二の腕が太くなってしまいます。赤ちゃんを抱っこした勲章の筋肉太り、全身ポッチャリな人の脂肪太り、リンパや血液の流れが良くない人の老廃物太り、猫背で腕の筋肉が使われず脂肪がつく猫背太り、自分のタイプを見極めて効果的に二の腕をスッキリさせましょう。

二の腕をスッキリさせるならここに注意!

筋肉で二の腕が太くなってしまうのを防ぐには、背中や肩甲骨の筋肉を使って腕の筋肉を使いすぎないように気をつけてみましょう。抱っこの負担を減らすように、抱っこひもで二の腕を使いすぎない工夫も。スキンシップしながら二の腕の部分痩せを目指しましょう。

全身ぽっちゃりの場合はバランスの良い食事と運動で。真っ直ぐかかとつま先を揃えて立ち、両手を上げて頭の上で手を合わせた後、ひじを曲げ、頭の後ろに手が来るようにして30秒キープします。これで二の腕が鍛えられ、痩せやすくなりますよ。食事に酵素ドリンクを取り入れてみるのも良いでしょう。

老廃物太りは、老廃物と脂肪がくっついてしまったセルライトが溜まってる状態です。リンパマッサージで、リンパと血液の巡りをよくして余分なものを排出しましょう。お風呂あがりは体が温まっているので、マッサージにオススメのタイミングです。

猫背の人は、姿勢を正す習慣を身につけるだけでも二の腕がスッキリに。骨盤や肩甲骨の歪みが猫背の原因になっている場合もあるので、骨盤が戻る産後は猫背改善のチャンス。肩甲骨のストレッチと合わせて、どちらも正しい位置に導いて、シャキッとキレイな姿勢と二の腕を手に入れましょう。

産後の忙しい時期だからこそ、自分のがんばりすぎや不調が二の腕に出てきてしまったりします。自分にあった対策で、元気とスタイルアップ両方を目指してみましょう(●゚∀゚)ノ

意外と気がつかない背中のハミ肉を減らす産後ダイエット法

自分では見えない「背中」。「ハミ肉みつけた!」と人にお肉をつままれて、ショックのあまり体のラインが出る服が着れない、なんていう事にならないために産後ダイエット。背中の部分痩せは全身の印象も変えられるんですよ(●ゝω・)

気がつくと背中がブヨブヨになっていた!

知らないうちについていて、落としにくい背中のお肉。普段使う場所ではないので、意識的に動かす事で痩せやすくする事が期待できます。背中は人によく見られる場所。お肉が落ちれば背筋もキレイに伸びて、全体的な印象がとてもメリハリのあるものになりますよ(b’V`)

タオルを使った肩甲骨ストレッチ

忙しい合間の時間で背中の肩甲骨を動かし、ついてしまった脂肪を燃焼しやすくしましょう。用意するものはフェイスタオルだけ。お家にあるものでカンタンに始められますよ。

床か椅子に座り、フェイスタオルの両端を持ち、バンザイのポーズをします。息を吐きながらひじを曲げ、両手でピンと張ったタオルが肩の後ろに触れるくらいまで、ゆっくり下げます。それを10セット繰り返します。

さらに効果を高めたい時は腕を伸ばし両手のひらを組み合わせ、そのまま腕を上げ下げするストレッチも、コリをほぐして代謝を上げてくれます。肩こりがつらくて腕が上がらない人は無理の無い範囲で動かしてくださいね。

背中のブヨブヨが解消されると、二の腕や腰まわりも自然とスッキリしてきます。部分痩せを意識しながら、全身スタイルアップに近づける部位が背中なんです。

また、毎日正しい姿勢で過ごすと背中にお肉がつきにくくなりますので、特に赤ちゃんを抱っこするなど、重たい負担がかかる時は正しい姿勢を心がけてみましょう。

部位別の産後ダイエット方法まとめ

ここまで身体のパーツごとの産後ダイエット法をご紹介してきましたが、部位によって効率的に痩せれる方法は異なるというのがわかったと思います。

もちろん、全身をまんべんなく痩せれるにこしたことはありませんが、まずはどこかの部位だけでもしっかりとダイエット効果を実感できれば自信にもなりますし、ほかの部位のダイエットにもやる気が出てくるはずです。

ここで紹介した運動やストレッチなどは確かに効果的で成果を出している人も多くいますのでぜひ取り組んでもらいたいのですが、その効果をより確実に引き出すため、産後ダイエットうぇぶでは酵素を取り入れたダイエットをおすすめしています。

酵素を摂取して痩せやすい体質になれば、同じ時間と量の運動でも、ダイエット効果は見違えるほど変わってきます。

言い換えれば、基礎代謝が増えて脂肪を燃焼させるチカラがアップしたら、運動量を減らしてもダイエット効果を期待できるということ。

もし、今まで産後ダイエットに取り組んでみたけれどなかなか成果が出なかった方は、一度酵素を摂ってみることをおすすめします。

なぜ産後ダイエットに酵素がおすすめなのかをもっと詳しく知りたい方は、こちらのページも参考にしてみてください。 → 酵素ダイエットが産後ダイエットに適している理由

コラム