産後ダイエットに成功した有名人

産後ダイエットに成功した芸能人・モデル・有名人を教えて!

産後ダイエットに成功した芸能人やモデルって、どんな人がいるの?やっぱり、有名人がどんな方法で産後ダイエットに取り組んだのかというのは気になりますよね?ここでは、それぞれの有名人が取り組んだダイエット法を具体的にお伝えします。
産後ダイエットに成功した有名人のイメージ
1977 views

あの芸能人や人気モデルも成功した!旬のママタレが実践した話題の産後ダイエット法を徹底特集

ここ数年、芸能界ではベビーラッシュが続いていますね。妊娠中は赤ちゃんに栄養を送り届けるためどうしても太りやすくなってしまいます。さらに出産しても「産後太り」という言葉があるように産後も太りやすいのはご存知ですか?それなのに出産して間もない女優や女性タレントは妊娠前と変わらないスタイルか、それ以上にキレイになって芸能界を復帰してますよね♪(´ε` )

彼女たちが実践しているのはズバリ「産後ダイエット」。芸能界に限らず美を意識するママの間では一般的なものかもしれません。ではママタレといわれる人たちはどのような方法で産後のカラダをあそこまで絞ることができたのでしょうか。具体的なダイエット方法などを調べてみました。ぜひご覧ください♪

母乳育児は痩せやすいというのをご存知ですか?

赤ちゃんが産まれるとママのカラダは栄養を与えようとホルモンが分泌され母乳がでるようになります。人によっては母乳の出が悪くて粉ミルクを与える場合もありますが、この母乳を赤ちゃんに飲ませるだけでも実はとんでもないカロリーを消費しています。1日あたりに計算すると500〜800Calを消費していて、実にウォーキング2時間分に相当します。毎日授乳するだけで今までと変わらない生活をしていれば、痩せるのは容易のように思えます。

しかしカラダは正直なもので、授乳をしているといつも以上にお腹が空きます。カラダはカラダで授乳することを最優先にカロリーを蓄えなきゃ・・・とついつい食べ過ぎてしまうんですよ。赤ちゃんに栄養をもっていかれてるので仕方がないことなんですが、ここで必要以上に食べてしまうといつまでたっても痩せることはできません(´Д` )これが「産後太り」に繋がるのかもしれませんね。生まれてしばらくは赤ちゃんのお世話以外は食べるか寝るかしかないので太りやすい環境ではあるかもしれません。

ママタレに評判のカーヴィーダンス

芸能界で今だに絶大な人気を誇るカーヴィーダンスはボディメイクトレーナーである樫木裕実さんが考案したエクササイズのひとつ。カラダを曲線的に動かすことで女性らしいくびれのあるスタイルをつくることができるダンスが特徴で神田うのさんをはじめ、梨花さん・優木まおみさん・山田まりやさん・SHIHOさん・熊田曜子さんなどが産後のボディケアのため彼女のもとを訪れています。また妊娠中のマタニティケアを受けるタレントも数多くいます。

芸能人なら人気のボディメイクトレーナーであろうと気軽に指導してもらうことができますが、一般人には赤ちゃんを預けてまで通うのは難しいものです。しかし心配することはありません、カーヴィーダンスのDVDさえゲットすれば自宅でも簡単に行えますよ。ただし、激しい動きが多いのが特徴なので産後スグよりは育児の落ち着いてくる3ヶ月以降にやるのがオススメです。カーヴィーダンスは腰をメインにしたダンスが多いのでお腹周りがすっきりし、産後にウエストがくびれた!という嬉しい評判も耳にします♪( ´▽`)ちなみに中澤裕子さんは「赤ちゃんを置いてジムにはいけない」という理由でTRFイージー・ドゥ・ダンスのDVDを購入して産後ダイエットに励んでいたそうですよ。

じわじわ人気のグラヴィティヨガ

ヨガが一般的になってしばらく経ちますが、産後のママタレに人気なのがグラヴィティヨガ。「グラヴィティ」とは重力のことを言い、重力に身を傾け時間かけてゆっくりと体の筋肉を伸ばし呼吸を整えることで身体をつくっていく日本生まれのヨガです。身体が固い人やヨガ初心者にも簡単に取り組めて、寝ながら行うこともできるので産後のカラダにも負担が少ない上、精神面でも大きな安らぎを感じることができます。その効果はスザンヌさんや藤本美貴さんが惚れ込みインストラクターの資格を取得するほど(^O^☆♪

グラヴィティヨガが具体的にもたらす効果としては基礎代謝があがり便秘や冷え性が改善します。ヨガポーズをとることでカラダの歪みが解消されスタイル改善にもつながります。続けることで代謝があがり痩せやすい体質へと変化します。藤本美貴さんは産後慣れない抱っこで肩こりや腰痛になっていたようですが、グラヴィティヨガと出会うことですっかり改善し、さらに1ヶ月で4キロ痩せることに成功しました。

グラビティヨガは瞑想することによりストレスから解き放たれます。自宅でもタオルなどを使えば簡単に行え、体幹だけでなく精神面でも大きな効果が期待できるのでダイエット目的だけでなく育児に疲れたママにはもってこいですね。

ほとんどのママタレがした骨盤矯正もおススメ

出産を経験したことがある人なら「骨盤矯正」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。分娩時に胎児が通るため骨盤が開きますが、一度開いた骨盤は半年ほどの時間をかけてゆっくりと元の位置へ戻っていきます。この時、しっかり矯正しておかないと骨盤が歪むだけでなく腰痛や肩こりだけでなく、なんと不妊の原因になることを知っていますか?

もともと骨盤は非常に歪みやすいものです。しかし、産後の骨盤が緩まっている時にしっかり矯正を行うことで妊娠前より美しいスタイルを手にいれることができます。産後2〜6ヶ月は骨盤が元の位置に戻ろうとしているので矯正しやすい時期といえます。産後1ヶ月は悪露が出ていたり、出産で身体が休まっていない状態なのでオススメしません。

骨盤矯正には色々な方法があります。木下優樹菜さん・益若つばささんは産後骨盤矯正を行うために整骨院や整体院などのサロンに通っていたそうですよ。このようなサロンには託児所を併設してるところもあるので赤ちゃん連れでも気兼ねなく通うことができますよ。モデルのSHIHOさんは背中と骨盤を支える腸腰筋を鍛えるストレッチを行うことで、産後たった2ヶ月で10kgの減量に成功したうえに姿勢がよくなり、スタイルが向上しました。骨盤を締めることでヒップアップの効果もあったそうです。SHIHOさんは実践した腸腰筋ストレッチを紹介するDVD付きダイエット本「トリニティースリム全身やせストレッチ」を発売しています。

なかには帝王切開で産んでるから骨盤矯正は必要ないなんて思うママもなかにはいるかもしれません。しかしそれは間違い。たとえ産道を通らなくても妊娠中の重いお腹や子宮を支えるために骨盤にはかなりの負担がかかっているのです。なので帝王切開だとしても骨盤矯正は必要です。骨盤がズレたままだとぽっこりお腹になってしまったり骨盤底筋の緩みにより頻尿や尿漏れを引き起こします。

また身体のバランスを整える働きのあるヨガや、ベッドの上でも行えるピラティスによっても骨盤を整えることができます。しかし、効果を感じるには続けることが大事なので最低でも6ヶ月は続けましょう。サロンにいけなかったり、ヨガやストレッチは無理って人はリフォームインナーを利用するのも手ですよ。リフォームインナーには妊娠期から使える骨盤ベルト、産後に使う産褥ニッパーやガードルなどがあります。妊婦さんに絶大な人気なのはトコちゃんベルトではないでしょうか。6000円程度で購入することができ、履くだけなので一番気軽にできる骨盤矯正かもしれません。しかし、使い方を誤ると効果が期待できないので利用する場合は助産師さんなどからアドバイスを受けるといいでしょう。

産後ダイエットは食生活を意識することも重要

体型を戻したいからといって、過度な食事制限を行うのはオススメできません。授乳期なら赤ちゃんのために栄養を取ることが重要ですし、なにより食事制限を行いママが身体を壊してしまっては誰が赤ちゃんの面倒をみるのでしょうか?産後のママにとって食事を摂ることは大切なものといえます。そんな中、篠原涼子さん・神田うのさん・小倉優子さん・長谷川潤さんは赤ちゃんのために食事制限を行うことはなく、3食きちんとバランスのとれた食事をしていたそうです。美味しいおっぱいのためにはまずママがしっかりゴハンを食べることが第一ですものね。また小森純さん・木下優樹菜さんは普段の食事を心がけながら炭水化物を極力減らすように努力していたそう。とくに小森純さんは糖質が多い食事をすると赤ちゃんの夜泣きが激しくなることもあり、1食あたりの糖質量を80gに抑えるなど徹底した食事管理を行い8ヶ月かけて妊娠前の体重に戻ったそう。

また辻希美さんは湯豆腐ダイエットしていたことで有名です。ダイエットを心がけていたわけではないものの、タレを変えるなどして湯豆腐ブームで食べ続けていたら1年で15kgも痩せたそう(・_・;もちろん食べるのは湯豆腐だけではなく栄養のバランスを考えて豚肉やレタスなどをプラス。その間、大好きな甘いものも我慢せず1日1回は食べていたとのことで、食事を意識したダイエットではストレスを溜めないことが成功への近道かもしれませんね。

スザンヌさんは脂肪燃焼デトックススープを1食分の食事に置き換えて食べていたそう。玉ねぎ・ピーマン・セロリ・キャベツ・トマト・ササミ・生姜の入ったスープで食べるとカロリーが燃焼され、痩せやすい体質になるのです。炭水化物や小麦粉製品・糖分は控えるなどの制限はあるものの気軽に行えるので、これならストレスを持つことなく続けられそうですね。

女優の吉瀬美智子さんは産後なかなか体重が落ちなくて苦労したそうです。そこで食事に取り入れたのが酵素玄米。玄米と小豆と天然塩を混ぜて炊いたものを3日以上保温状態にしたものをいい、別名「寝かせ玄米」とも言われています。モチモチとした食感が特徴で、食欲抑制や便秘改善が期待できます。また小豆にはポリフェノールが多く含まれているのでアンチエイジングも効果大。酵素は代謝が上がるため、脂肪の燃焼もすすみ痩せやすい身体になりますし、身体に溜まった毒素を排出してくれるデトックス効果も期待できます。良いことづくめの酵素玄米ですが、炊飯器で炊いて3日以上保温しとくってのがなかなか手間ですよね。炊飯器が使えなくなるからと保温器をわざわざ購入する人もいるみたいですが3日間つけっぱなしだと電気代も心配になります。

酵素ドリンクによる産後ダイエットは手軽で簡単!

産後しばらくは赤ちゃんに手がかかって自分のことまでなかなか手がまわりません。数時間おきの授乳のほかにはおむつ替えや寝かしつけなどめまぐるしく日々が過ぎていきます。パワフルなママならそんな中でもヨガやストレッチをして減量に励むことができますが、慣れない育児でヘロヘロでそんなことできないママも多いのではないでしょうか。とてもじゃないけど食事にだって時間をかけていられない!美味しくて栄養価の高いものを食べたいけど手間のかかる酵素玄米なんてムリムリ。そんな人にオススメしたいのが手軽に飲める酵素ドリンクです。

産後はどうしても運動不足になりがちですが、酵素を体内に取り入れることで代謝があがりますし免疫もアップ。食物繊維たっぷりで便秘解消や余計な老廃物や毒素を排出してくれるので美肌も期待できます。さらに野菜・果物・雑穀などが含まれるため、不足しがちな栄養素をバランスよく取り入れることができます。なにより酵素ドリンクは料理と違い、思い立ったら冷蔵庫から出してすぐに飲むことができます。市井紗耶香さん・東尾理子さん・スザンヌさんなど数多くのママタレを始め、美を持続させるために多くの女性タレントが酵素ドリンクを飲んでいます。

実は母乳にも酵素が含まれているって知っていましたか?酵素も赤ちゃんの成長には必要不可欠な成分で、脂肪の消化吸収をスムーズにし胃腸に負担がかからないようにしています。そう知ると酵素ドリンク飲みながらダイエットってのもアリかも・・・なんて思いませんか。飲みやすく飽きのこない美味しい酵素ドリンクがたくさん販売されていますが、ママタレのなかには炭酸や豆乳・フルーツジュースなどで割って味の変化を楽しんでいる人も多いですよ( ^ω^ )あ、ただし酵素は熱に弱いので温めて飲むのは厳禁ですよ。

ちなみに酵素は消化を助ける働きがあるので、食事前に飲むのがベスト。授乳中は赤ちゃんへの栄養を第一に考えてファスティング(断食)や置き換えダイエットとしての利用はやめて、栄養補助的に飲むことをオススメします。もし、ファスティングや置き換えダイエットをするのであれば卒乳後に行いましょう。

またモデルを中心にグリーンスムージーも流行っていますよね。グリーンスムージーも生野菜を使うため酵素をたっぷり摂取することができます。トップモデルのミランダカーさんも愛飲者。小倉優子さんも毎朝欠かさずグリーンスムージーを作って11kgの減量に成功しています。定番はりんご・バナナ・オレンジ・小松菜だったそうですよ♪自分で作ると余計な化合物もないし、好みの果物や野菜を入れられるので安心して飲むことができますよね。ただし普段の食事は母親に作ってもらっていたそうなので、彼女には時間的な余裕はあったのかもしれません。

グリーンスムージー、ミキサーさえあれば家でも気軽に作ることが可能ですが普通のミキサーだと熱で酵素がダメになるので、実は専用の低速ミキサーを用意しなければいけません。せっかく気軽に使えてもイチからミキサーを買うのはちょっと抵抗がありますよね。そんな人や時間のない人は水や牛乳と混ぜる粉末タイプなら、ミキサーを用意しないでも専用シェイカーに入れてシェイクするだけで簡単に飲むことができますよ。いちいち食材をカットしなくていいし、洗い物も最小限で済み、なにより手軽なので長く続けられると思います。今はマンゴー味やベリー味など女性の好きな味も多く登場しています。気軽で美味しくて栄養があってしかも痩せられるって最強じゃないですか?

産後ダイエットはストレスのかからない方法で!

いかがでしたでしょうか。妊娠中は赤ちゃんの成長を守るため、どうしても体重が増えてしまいます。そのため産後に痩せられるだろうか・・・と不安を感じる人も多いかと思いますが、産後の身体の状態をしっかり把握した上で産後ダイエットに取り組めばきっと望んだスタイルを手にいれることができるはずです。

母乳は出る人・出ない人がいるので母乳ダイエットは誰でも行えるものではありません。まずは妊娠出産で広がった骨盤をしっかり矯正すること。そして赤ちゃんへの栄養を意識した食事を心がけること。その上で手軽で飲みやすい酵素ドリンクで足りない栄養を補ったり、代謝を上げることがダイエットの近道だと思います。もちろんヨガやストレッチを行うことができる環境ならばいいのですが、そういう環境が望めないであれば赤ちゃんを抱っこするとき、ベビーカーに乗せてお散歩するときに体幹を意識するだけでも適度な運動になりますよ。山田優さんもこれらの育児運動を心がけ約2ヶ月で元の体型に戻したそうです。体型を戻すことも確かに素敵ですが、赤ちゃんにとっても素敵なママでいるために、まずはストレスのかからない気軽な方法でダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

コラム