ベジライフ酵素液の効果とおすすめポイント

ベジライフ酵素液の効果とおすすめポイント

ベジライフ酵素液の効果とおすすめポイント

ベジライフ酵素液

結果重視の産後ダイエットなら、ベジライフ酵素液がおすすめ

漫画家でタレントの浜田ブリトニーさんがダイエット方法として選んだのが、このベジライフ酵素液による置き換えダイエット。15kg以上の減量に成功しており、現在もベジライフ酵素液を愛飲しているおかげで、スリムな体型を維持しています。

さらに、女性500人を対象とした酵素ドリンクにおける調査で「痩せた実績」「定番の酵素ドリンク」「利用者評価」「科学的検証」など11部門で第一位を達成。信頼度の高い酵素ドリンクとしても指示されています。

お試し価格 9,850円 内容量 500ml

ベジライフ酵素液をおすすめする3つのポイント

  • 第三者機関で徹底検証、確かなダイエット効果を記録
  • 90種類以上の大地の恵み&脂質ゼロ&低カロリー
  • 黒糖の上品な甘さで本当に美味しい酵素液を実現

毎日酵素の主な成分

植物発酵エキス(アカメガシワ、アマチャヅル、アマドコロ、アムラの実、アンズ、イチイの実、イチジク、イチジクの葉、イチョウ葉、イボナシツヅラフジ、ウコン、ウメ、エゾウコギ、エビスグサの種子、エンメイ草、オオバコ、オトギリソウ、オリゴ糖、カキの葉、カミツレ、カリン、カンゾウ、キキョウ根、キダチアロエ、キャッツクロー、キャベツ、キンカン、クコの実、クコ葉、クマザサ、グレープフルーツ、黒砂糖、クワ葉、紅参、高麗人参、ごぼう、昆布、砂糖、サラシア、しいたけ、シソの葉、ショウガ、スギナ、セッコツボク、センシンレン、タマネギ、タマネギ外皮、タンポポの根、ツボクサ、ツユクサ、ツルナ、てんさい糖、田七人参、トウガラシ、トゥルシー、ドクダミ、トチュウ葉、ナツメ、ナンテンの葉、ニンジン、ニンドウ、ニンニク、パイナップル、パセリ、ハチミツ、ハッショウマメ、ハト麦、ハブ草、ビワ葉、フノリ、ブドウ、ベニバナ、マツ葉、ミカン、ミカンの皮、ムイラプアマ樹皮、メグスリの木、メロン、モモの葉、モヤシ、モロヘイヤ、やまいも、ヨモギ、ラカンカ、ラッキョウ、りんご、ルイボス、レイシ、レモン、レンセンソウ)、リンゴ酸、保存料(安息香酸Na)、(原材料の一部にやまいも、りんごを含む)

ベジライフ酵素液のこだわり

ベジライフ酵素液では野菜・果実を中心とした90種類の天然素材をふんだんに使用しています。さらに、甘みには黒糖を利用しているため、上品なコクのある味わいに仕上がっています。

栄養素がギュギュ〜と凝縮されているため、予想以上の飲みごたえで、腹持ちがいいのも特徴のひとつ。満腹感が得られるので、知らず知らずのうちに、摂取カロリーが少なくなるので、酵素パワーと合わせてダイエット効果が期待できるのです。

また、ベジライフ酵素液を販売するプレミアムショッピングには、肥満予防健康管理士・ダイエットアドバイザーの資格を持つスタッフが多数在籍しているため、フリーダイヤルでダイエットの相談やアドバイスを受けられるのも魅力です。

基本的な飲み方

ベジライフ酵素はボトル1本500mlで税込5,100円。1回あたりの摂取量は20〜40mlなので、1日1回摂取する場合は、1本飲み終わるの12.5〜25日。1日あたりの料金は204〜408円s、1ヶ月飲み続ける場合は、6,120〜12,240円のランニングコストとなります。ただし、摂取する回数は人によって異なるので、料金もそれに合わせて変動してきます。

ベジライフ酵素液ではプチ断食がおすすめされていますが、産後ダイエットに限ってはNG。赤ちゃんのためにも1日3食食べることは大切。その代わり、カロリーの高くない食事を意識し、ベジライフ酵素液を間食として飲むか、食事前に飲むのが理想的です。

ベジライフ酵素液は原液ですが、そのまま飲むことができます。また、水割り・炭酸割り・オレンジやグレープなどのジュース割り・トマトジュース割りも美味しく飲めますよ。

ベジライフ酵素液のお得な購入方法

定期お届けコースで購入するのが最安値。ボトル1本(500ml)税込5,100円ですが、定期お届けコースの2本セットだと、通常価格12,700円がなんと22%OFFの9,850円。しかも送料&決済手数料は無料。さらにこの定期コース、初回で解約OKなんです。

しかも、2,500円相当のサポートサプリが毎回プレゼント。シトルリン&キャンドルという、女性に嬉しい成分がたっぷり配合されたサプリなので、酵素液と合わせて飲むことで、ダイエット効果に拍車をかけることができます。

初回特典として、ベジライフオリジナルランブラー+レコーディングノートもプレゼント。ダイエットの結果を記録することで、経過を客観的に見ることができ、次の減量に励むことができますよ。

また日付指定・曜日指定・間隔指定の3種類からお届けサイクルを選ぶことができるので、スケジュールを立てやすいのも定期お届けコースの魅力といえるでしょう。また、まとめ買いすることで、割引特典を受けることもできます。

コラム